北海道栄養士会 Web講演アカウント を作成してオンライン研修会に参加しよう!

平成29年度 春期全道栄養士研修大会並びに定時総会

研修会プログラムデータダウンロード・申込用紙
下記の申込用紙にご記入の上郵送・FAX・メールにて5月29日までにお送りください。
送付先
公益社団法人 北海道栄養士会
〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目20 郵政福祉札幌第一ビル4階
Tel 011-251-7071  FAX 011-251-0783  E-mail mail@hokuei.or.jp
春期研修会要綱PDFファイル
施設長宛文書PDFファイル
会員用PDFファイルWordファイル
非会員・一般用PDFファイルWordファイル
趣旨
道民の栄養改善を通じた健康の保持増進と管理栄養士・栄養士の資質の向上に努め、もって道民の健康と福祉の推進に寄与する。
主催
公益社団法人 北海道栄養士会
後援
北海道、札幌市、一般社団法人 北海道医師会、
一般社団法人 北海道歯科医師会、公益財団法人 北海道健康づくり財団
日時
平成29年6月10日(土)9:30~16:00
会場
かでる2・7ホール  札幌市中央区北2条西7丁目  Tel 011-204-5100
資料代
会員  1,500円   一般の方は1講義  1,500円
9:30 ~ 10:00受付
10:00 ~ 10:10挨拶公益社団法人 北海道栄養士会  会長  山部 秀子
公益社団法人 日本栄養士会   理事  中川 幸恵
10:10 ~ 10:40祝  辞北海道知事
札幌市長
一般社団法人 北海道医師会長
10:45 ~ 12:15講演「生涯”快尿”に向けて」
旭川医科大学病院臨床研究支援センター
副センター長・准教授  松本 成史
12:15 ~ 13:15休憩
13:15 ~ 14:45講演「腸内フローラとプロバイオティクス・
シンバイオティクスの医療現場での応用」

株式会社ヤクルト本社 中央研究所 分析試験研究所
分析第四研究室 主任研究員  山本 修太

14:55 ~ 16:00定時総会決議事項
第1号議案 平成28年度事業報告
第2号議案 平成28年度収支決算報告並びに監査報告
第3号議案 役員変更
報告事項
1.平成29年度事業計画
2.平成29年度収支予算
3.名誉会員報告
16:00 ~日本栄養士連盟北海道支部通常総会
資料準備の都合がございますので、ご参加の際には必ず申込み用紙にてお申込みください。

受付について

受付場所
かでる2・7 展示ホール(正面玄関入って右奥側にございます)
受付窓口
会員受付窓口は2列分ございますので、資料代と会員証を用意して2列でお並びください。会員証がない方や一般の方は、受付奥の会員証なし受付にお並びください。
受付後
ネームホルダーをお渡し致しますので、必ず会員証や受付で渡された札を入れて首から下げてください。会場入場や賛助会員展示でのサービスが受けられます。

賛助会員展示一覧

敬称略・50音順

朝日化工株式会社食器、トレー、箸、カトラリー
旭松食品株式会社凍豆腐、医療用介護食品
伊那食品工業株式会社 札幌営業所デザートの素、他かんてん製品
イワサキ・ビーアイ株式会社岩崎 札幌営業所フードモデル
株式会社エフ・エム・アイ 札幌営業所カッター、ミキサー、野菜スライサー
大塚製薬株式会社 札幌支店ソイジョイ、カロリーメイト
株式会社大塚製薬工場経口補水液OS-1 他メディカルフーズ
株式会社おぎそ強化磁器食器
国際化工株式会社 札幌営業所食器類(メラミン)
生活協同組合 コープさっぽろ普通食、低カロリー食
サッポロウエシマコーヒー株式会社コーヒー他
三信化工株式会社食器類
信濃化学工業株式会社食器類
株式会社セイコーフレッシュフーズ厚焼き玉子、カット野菜、ヨーグルト等
SOMPOリスケアマネジメント株式会社会社案内、相談員募集チラシ、パンフレット
大同情報サービス株式会社給食管理システム
株式会社タス栄養、給食管理ソフト「Mr献ダテマン」他
ニュートリー株式会社らくらくごっくんゼリー、アイソトニックゼリー他
株式会社フレアサービス高齢者向け給食(在宅給食等)
ベル食品株式会社タレ、ラーメンスープ
ホシザキ北海道株式会社温冷配膳車
公益財団法人北海道科学技術総合振興センター健康チェック機器等、健康レシピ等
一般社団法人 北海道乳業協会パンフレット、パネルで乳和食の普及
株式会社明治  北日本支社明治メイバランス、アクアサポート
株式会社ヤクルト本社食育教材、健康情報誌
株式会社ヤヨイサンフーズUDF区分3 個包装デザート(冷凍)

講演1

「生涯”快尿”に向けて」
旭川医科大学病院臨床研究支援センター
副センター長・准教授  松 本 成 史
「快食・快眠・快便」は人として必要なこととされています。「おしっこ」も同じで、尿が「出にくい」、「近い」、「もれる」など「おしっこ」がうまくできなくなることは気持ちを害するだけでなく医学的に問題が生じる場合があります。「おしっこ」に悩む皆さんに「心地良い・快適な排尿」、つまり「快尿」を提案し、生涯“快尿”に向けての心がけをお話したいと思います。
生涯教育
実務研修 病態栄養 その他の疾患(R,KS,P,T,FS)23-107 1単位

講演2

「腸内フローラとプロバイオティクス・
シンバイオティクスの医療現場での応用」
株式会社ヤクルト本社 中央研究所 分析試験研究所
分析第四研究室 主任研究員  山本 修太
ヒトの腸内は、約1,000種、100兆個もの腸内細菌が生息しており、それら腸内細菌の生態系(腸内フローラ)が健康状態を左右することがわかってきた。本講演では、腸内フローラの健康への関与、およびプロバイオティクスやシンバイオティクス(プロバイオティクスとプレバイオティクスの併用)の概念などに関する最新の知見を解説するとともに、医療現場におけるプロバイオティクスおよびシンバイオティクスの研究結果について紹介する。
生涯教育
実務研修 全分野共通 90-110 1単位
研修会プログラムデータダウンロード・申込用紙
申し込み要綱PDFファイル
施設長宛文書PDFファイル
会員用PDFファイルWordファイル
非会員・一般用PDFファイルWordファイル
タイトルとURLをコピーしました