北海道栄養士会 Web講演アカウント を作成してオンライン研修会に参加しよう!

2020年度秋期職域別専門研修会(医療)

日程
2020年10月17日(土) ※秋期全道栄養士研修会終了後 同会場
会場
かでる2・7 ホール  札幌市中央区北2条西7丁目
Web上の会議室(Google Meet)
資料代
会員 無料  (一般・非会員 3,000円)
取得単位
※日本糖尿病療養指導士認定更新のための研修単位<第1群>:1単位
証明書発行受付:参加申し込み時に単位申し込みをし、最後まで聴講した方
かでる会場→受講終了後受付にて会員証提示
WEB会場→WEB上の履歴で最初から最後まで参加している方
証明書配布:後日メールまたはハガキにて発行予定
参加定員
かでる2・7ホール 先着250名   Web参加 先着250名
医療 プログラム
  • 16:20-
    受付
  • 17:00-18:30
    講演1
    「高齢者のサルコペニア・フレイル診断の実際と現場での問題点」
    ちゅうざん会 ちゅうざん病院 副院長
    金城大学     客員教授  吉田 貞夫
  • 18:30-18:40
    休憩
  • 18:40-20:10
    講演2
    「チーム(他職種)による栄養管理」
    独立行政法人地域医療機能推進機構札幌北辰病院
    栄養管理室 副室長  富永 史子
講演1内容
高齢者におけるサルコペニア、フレイルは、さまざまな合併症との関連が報告され、治療効果や生命予後などのアウトカムにも影響を及ぼすため、入院時にその診断を行うことは、リスク管理上、多大なメリットがあると考えられる。しかし、診断アルゴリズムの問題、計測の問題など、診断を行うために、現場で工夫をしないといけない点も少なくない。サルコペニア、フレイルに対する医療現場での対応について、より具体的に解説したい。
生涯教育
生涯教育 実務研修 COPDとサルコペニア(R,KS,P,T,FS)23-120 1単位
講演2内容
チーム医療とは、医療に従事する多種多様な医療スタッフが、各々の高い専門性を前提に目的と情報を共有し、業務を分担しつつも互いに連携・補完し合い、患者の状況に的確に対応した医療を提供することである。今回の生涯教育では、(1)チームで行う栄養管理の重要性を理解する、(2)チームの特徴と管理栄養士・栄養士がチーム内で果たすべき役割を理解する、(3)多職種の取り組み、を理解することを目標としている。
生涯教育
生涯教育 基本研修 4.栄養ケア・プロセス 11チーム(他職種)による栄養管理

申し込み

タイトルとURLをコピーしました