北海道栄養士会 Web講演アカウント を作成してオンライン研修会に参加しよう!

医療・栄養講演会(日高支部医療栄養士協議会)

口から食べたいを多職種でサポート

チラシ
PDFファイル
日時
平成30年6月6日(水) 19:00~20:45
(受付 18:15~、企業広告 18:45~)
会場
新ひだか町公民館
新ひだか町静内古川町1-1-2
介護職や栄養補助食品の試食や試飲もご用意しています。
介護食器なども手に取ってご覧いただけますので、ぜひお早めにお越しください。
第1部「地域へつなげる多職種栄養ケア」
管理栄養士・栄養士のみならず、医師・薬剤師・看護師や介護・福祉職、一般町民にも知ってもらいたい地域へつなげる栄養ケアのポイントについて専門知識を交えながらお話しいただきます。

北海道栄養情報連携の会 代表  管理栄養士 川畑 盟子
前職は市立室蘭総合病院 栄養科 課長として臨床栄養をご専門にNSTの立ち上げ等にご尽力されました。現在はフリーランスの管理栄養士として地域連携を軸とした栄養管理に取り組まれておられます。

第2部「在宅における医療と食事」
在宅訪問診療を行う医師の立場から病院と生活現場において「食べること」にまつわるケアのヒントなどについてご講演いただきます。

みながわ往診クリニック 院長  医師  皆川 夏樹
2013年にいわき市立総合磐城共立病院から製鉄記念室蘭病院に着任されました。現在は登別市内にて、みながわ往診クリニックを開院され、在宅医療を中心とした診療をされています。また、高齢者医療における食事摂取に関して、経口摂取のみならず経管栄養の投与に関する研究も数多くされています。

資料代
1,000円 (栄養士会会員 500円)
後援
新ひだか町
協賛
ニュートリー株式会社、ホリカフーズ株式会社、サッポロ食器株式会社、キッセイ薬品工業株式会社、株式会社明治、苫小牧ヤクルト販売株式会社
問い合わせ
電話 0146-42-0181(代)
担当:長原(新ひだか町立静内病院)
タイトルとURLをコピーしました