北海道栄養士会 Web講演アカウント を作成してオンライン研修会に参加しよう!

どさんこ料理のご紹介 No.08 かつめし|日高支部

料理名

かつめし かつめし

地域紹介

北海道の南東部に位置した日高管内浦河町は雄大な日高山脈を背に広大な太平洋に面しており、夏は涼しく冬は温暖な気候の住みよい町です。数多くの競走馬を生み出す馬産地として有名な他、豊富な海産物(鮭・つぶ・昆布など)と夏いちご「すずあかね」の生産量日本一を誇っています。

誕生エピソード

浦河町のソウルフードとも言われる「かつめし」は、今はなき飲食店のまかない飯として、トンカツに醤油ベースのタレをかけた原型から考案されたというエピソ―ドがあります。柔らかくサクッとした食感のトンカツとしっかりした味のタレがご飯によく合います。地元では卵でとじないカツ丼として人気があります。

材料
  • ごはん
  • 豚ロース肉
  • 塩・こしょう
  • 小麦粉
  • パン粉
  • サラダ油
  • きざみのり
  • *タレ
    醤油     砂糖
    みりん    中双糖
    酒      水あめ
作り方
  1. 鍋に豚丼のたれの調味料を全て入れ、軽くトロミがつくまで煮詰めます。
  2. 豚ロース肉は塩・こしょうをふって、小麦粉・卵・パン粉の順で衣をつけ、サラダ油で揚げ、食べやすい大きさに切ります。
  3. 鍋に酒・みりんを入れ沸騰させ、アルコール分をとばします。一度火を止め、醤油・砂糖・中双糖(ちゅうざらとう)を加えます。もう一度火をつけ、少し煮詰めます。仕上げに水あめを加え、さらに少し煮詰めてタレを作ります。
  4. 器にごはんをよそい、タレをかけます。きざみのりをかけ、トンカツをのせて、さらにタレをかけます。

戻る / 携帯・スマホ版目次に戻る

タイトルとURLをコピーしました